不動産会社を頼る賃貸物件探し|こだわりのある物件探しも容易

料金の決まり方

間取り図

ホテルよりも安いか

旅行などで数日宿泊するとき、ホテルなどの宿泊施設を利用するでしょう。一泊当たりいくらの宿泊料がかかり、中の設備が自由に使えます。基本的には宿泊料のみの支払いで、冷蔵庫内の飲み物などを飲めばその分の追加料金が発生します。では、研修などで1週間近く宿泊する時にはどうするかです。この時はホテルの他にウィークリーマンションを検討すると良いかもしれません。短期的に利用できる賃貸サービスで、通常の賃貸物件よりも割安に利用できます。ウィークリーマンションの特徴は、1箇月以内の利用から1箇月を超える利用も可能になっているところでしょう。ではウィークリーマンションの料金はどうやって決まるかです。いろいろな料金がありますが、大体が1日当たりの料金が決まっています。ホテルの宿泊料に該当する賃料から始まり、水道光熱費、共益費、清掃費などがあります。賃料は部屋を利用する料金で、利用する期間が長くなれば一定の割引が受けられます。共益費も同様になります。ウィークリーマンションでは、ホテルのように食事のサービスはありません。キッチンがあり、自炊ができるようになっています。水道やガス、電気が使えますが、その費用が請求されます。多いのは固定料金になっているところです。一定の利用量が決まっていて、その範囲内なら固定金額のままです。清掃費は、退去をするときの費用で、一般の賃貸における原状回復費に近いものでしょう。掃除は退去のみの所と、毎日一定の掃除をしてくれるところもあります。

Copyright© 2018 不動産会社を頼る賃貸物件探し|こだわりのある物件探しも容易 All Rights Reserved.